成人型アトピー性皮膚炎は、ステロイド依存を伴ったアトピー
脱ステロイド・脱保湿療法で治そう

治りにくい「アトピー性皮膚炎」とは何か?
「脱ステロイド・脱保湿療法」とは? 「乳児アトピーと食は?」

今問題のアトピー性皮膚炎についてもっと知っていただきたいと、この講演会を企画しました。
「アトピー性皮膚炎は怖い病気?アレルギー?」「治療はどうすればいいの?」
「小児でのステロイド依存症を減らすために何をすればいいの?」
このようなことを阪南中央病院皮膚科部長 佐藤健二先生が講演してくださいます。
また、小児科医の視点で、後援の佐藤小児科(堺市)院長 佐藤美津子先生もいらっしゃいますので、小さいお子様のアトピーでお悩みの方もご参加ください。
今、話題になっている「アトピー性皮膚炎」とは何か?
「脱ステロイド・脱保湿療法」とは? 「乳児アトピーと食は?」

講師:佐藤健二先生
プロフィール:1947年大阪に生まれる。大阪大学医学部卒業。
大阪大学医学部附属病院、名古屋市立大学病院、公立学校共済組合、近畿中央病院を経て、現在大阪府松原市の阪南中央病院に在職。
日光で皮膚癌を生じる色素性乾皮症の研究に携わり、紫外線対策に取り組み、保育・教育施設への普及に尽力する。成人型アトピー性皮膚炎の治療にもかかわり、一般的な治療法とは異なる脱ステロイド脱保湿治療に取り組んでいる。
著書に「患者に学んだ成人型アトピー治療 脱ステロイド・脱保湿療法」(つげ書房新社、2008年)

※ 尚、講演会終了後、場所を移して懇親会(有料)を行います。

日時

2010年3月21日(日)
13時15分~17時30分(開場12時55分)

内容

第1部:講演
第2部:患者による体験談
第3部:質疑応答

場所
千葉市生涯学習センター 大研修室
参加費
無料
定員

86名、先着順、予約なし

後援
佐藤小児科 大阪府堺市中区堀上町123 ℡:072-281-0215
アクセス

■JR千葉駅東口または北口から徒歩8分
■千葉都市モノレール「千葉公園駅」から徒歩5分
■JR千葉駅北口から、千葉内陸バス「千葉駅」行で「中央図書館・生涯学習センター」下車

お問い合わせ

講演会に対して質問点・疑問点などがありましたら下記の入力フォームからお問い合わせ下さい。