生活クラブアトピーネットワーク主催

佐藤健二先生講演会(阪南中央病院)

「アトピー性皮膚炎の治療はステロイド」と皮膚科医の使うガイドラインには書かれています。けれども、「毎日、塗っても治らない。」「効かなくなってきたのでは?」という声は絶えません。佐藤先生は、ステロイド治療の問題点を指摘して、全国から重症のアトピー患者を受け入れて治療にあたりながら、講演活動をなさっています。脱ステロイド、脱保湿等、現在の最前線の治療について伺いましょう.

申し込み:氏名・電話番号記載を記載して

FAX 045-413-5022 Email:sugiynoriko@hotmail.co.jp

問合せ: 090-4810-1075 杉山まで

佐藤健二先生のプロフィール

大阪大学医学部卒業。大阪大学医学部附属病院、名古屋市立大学病院、公立学校共済組合近畿中央病院を経て、現在大阪府松原市の阪南中央病院に在職。

日光で皮膚癌を生じる色素性乾皮症の研究に携わり、紫外線対策に取り組み、保育・教育施設への普及に尽力する。成人アトピー性皮膚炎の治療にもかかわり、一般的な治療法とは異なる脱ステロイド・脱保湿治療に取り組んでいる。

著書 「患者に学んだ成人型アトピー治療、脱ステロイド・脱保湿療法」(つげ書房新社、2008年) 「ステロイドにNo!を 赤ちゃん・子どものアトピー治療」(子どもの未来社、2010年)

アトピーネットの電話相談 045-471-1733 毎月、第1、第3木曜日  10時~13時