日本皮膚科学会作成「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」の内容の改訂を要求する署名運動は、2014年9月に日本皮膚科学会へ16112筆(総合計)を提出したことを以前のブログにてご報告をさせていただきました。

http://atopic.info/blog/staffblog/2014/10/2404

その後の経過をご報告いたします。
日本皮膚科学会に署名を提出した際に、私たちの署名に対する何らかの返答を求めました。
しかし、一向に連絡はございませんでした。

ところが、佐藤健二先生のブログにもありますように、日本皮膚科学会雑誌125巻1号、150-154頁(2015年)に、平成26年9月5日(金)13:00~16:00に行われた平成26年度第7回理事会議事録要録が掲載されています。その中の最終項目に「22. その他の議題の3)」に「アトピー性皮膚炎患者会からの意見書」として日本皮膚科学会が私たちに対して「回答書を作成した」と記されております。
詳しくは、佐藤健二先生のブログをご覧ください。
http://atopic.info/satokenji/2015/02/17/%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%94%b9%e8%a8%82%e3%81%ae%e8%a6%81%e6%b1%82%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%99%e3%82%8b%e7%9a%ae%e8%86%9a%e7%a7%91/

この件に関して、佐藤健二先生から日本皮膚科学会に何度かメールをお送りしましたが一向にお返事をいただけていない状態です。
学会の誠意ある対応を強く望みます。

引き続きご報告をさせていただきます。

atopic