ヘルプ

当サイトをご利用頂くに当たってのご案内を掲載しています。ご利用に際してお困りの際はこちらをご確認ください。
こちらで問題が解決しない場合は、お手数ですが、問題の詳細、お客様がご利用の環境(OS、ブラウザ名とそのバージョン)をお問い合わせフォームよりお送りください。

閲覧推奨環境について

当サイトを快適にご利用頂くには下記の環境が必要です。

JavaScript、スタイルシート、画像表示が有効になっている下記のブラウザソフト

  • Mozilla Firefox 3 以降
  • Safari 4 以降
  • Chrome 9 以降
  • Opera 9 以降
  • Internet Explorer 6 以降 ※8以降推奨

上記以外の環境でも閲覧、操作に支障はありませんが、一部補助的な機能が動作しない、表示が崩れるなどの不具合が発生する可能性がありますので、予めご了承ください。

文字の大きさについて

ブラウザの機能によって、表示される文字サイズを変更することが可能です。
必要に応じてご活用ください。
文字サイズの変更方法はお使いのブラウザによって異なります。くわしくは以下をご参照ください。

Windows Internet Explorer 6.x/7.x/8.x
ブラウザメニューの[表示(V)]から[文字のサイズ(X)]を選択し、[最大(G)][大(L)][中(M)][小(S)][最小(A)]の5段階の中からお好みのサイズをお選びください。
ブラウザの初期状態では標準サイズの[中(M)]に設定されています。

Internet Explore

Mozilla Firefox 3.x
ブラウザメニューの[表示(V)]から[文字サイズ(Z)]を選択し、[大きく(I)」または[小さく(D)]でお好みのサイズに変更してください。
標準サイズに戻す場合は上記メニュー項目より[標準サイズ(N)]を選択してください。

firefox3

Safari
「表示」メニュー内から、「テキストのみ拡大/縮小」を選択し、「拡大」「縮小」を選択。
「テキストのみ拡大/縮小」を選択しないで「拡大」「縮小」を選択すると、文字サイズだけでなくWebサイト全体が拡大・縮小されます。

safari

共通で利用できる操作
キーボードから変更(Internet Explorer 8.x、Internet Explorer 7.x、Firefox 3.x、Firefox 2.x、Opera 9.x、Safari 4.x) 

Ctrlキー(commandキー)を押しながら+キーを押すと文字サイズ(またはWebページ)が拡大、Ctrlキー(commandキー)を押しながら-キーを押すと縮小します。

キーボードとマウスホイールを使用しWebページを変更

Ctrlキー(controlキー)を押しながらマウスホイールを上(または下)に回転すると、文字サイズ(またはWebページ)が拡大・縮小します。

サイト内検索について

atopicのTOPページにある検索エンジンは、Googleの検索インデックスを組み込んだものです。 キーワードや文字列を入力すすると、atopicのサイト、佐藤先生のブログ、フォーラムの中から、 該当する文字列が含まれたページをよく見られているページ順に表示します。

また、佐藤先生のブログ、フォーラム内だけを検索したい場合は、各ページの検索フォームから検索してください。

基本検索
検索ボックスに手がかりとなるキーワードをいくつか入力してEnterキーを押す(またはGoogle検索ボタンをクリックする)と対象の検索結果が表示されます。 

キーワード同士が近くに並んでいるページを優先したり、他のページからの評価を分析する洗練されたテキストマッチ技術を使って、検索に対し重要でなおかつ、的確なページを検索します。

“and” 検索
Google は、キーワードのすべてを含んだページのみを返します。 キーワード間に “and” を挿入する必要はありません。 さらに検索結果を絞り込むには、入力ボックスにキーワードを追加します。また、キーワードの順番は結果に影響します。
ストップ語
Googleでは頻繁に使われる言葉や文字をストップ語句といい、検索キーワードから自動的に除きます。 たとえば、”http” や “.com” のほか、特定の単一数字および単一文字を自動的に無視します。これらの言葉が検索を絞り込むことはまれであり、むしろ、検索の速度を大幅に低下する原因となりうるためです。
検索にストップ語を含めるには半角 “+” 符号を使用します。”+” の前には必ずスペースを挿入して下さい。
文脈内でのキーワードの表示
Googleの検索結果には各ページ内でキーワードが一致した個所の抜粋が表示されています。一致したキーワードが太字で記されているので、リストされたページの関連性を簡単に見極められます。
ステミングとワイルドカード
最も正確な結果を提供するため、Googleでは「ステミング」の使用や「ワイルドカード」検索はサポートせず、検索ボックスに入力されたキーワードを正確に検索します。「google」または「google*」と入力しても「googler」や「googllin」の検索は行われません。
大文字と小文字の区別
Googleでは大文字小文字を区別しません。どちらを入力しても、小文字として認識し検索を行います。たとえば、「GOOGLE」と「GoOgLe」の検索では同じ結果が表示されます。
カタカナの表記ゆれ
一般的にカタカナの表記が複数ある語句は自動的に一緒に検索されます。たとえば「ダイアモンド」と入力した場合、ダイアモンドもしくはダイヤモンドを含むページが検索されます。別表記をふくまず入力したキーワードのみを検索するには、半角”+” 符号を使用します。”+”符号の前には必ずスペースを挿入して下さい。たとえば、「+ダイアモンド」の検索はダイアモンドを含むページのみが検索されます。

リンクについて

本ウェブサイトへリンクされる場合は、リンクの目的およびリンク元のページのURL等を、事前にお問い合わせフォームにてご連絡ください。
リンク先は原則として本ウェブサイトのトップページにお願いいたします。場合によってはリンクをお断りすることがあります。

免責条項について

atopicは、細心の注意を払って、当ウェブサイトに情報を掲載しておりますが、この情報の正確性及び完全性を保証するものではありません。当ウェブサイトは予告なしに掲載されている情報を変更することがあります。この情報を利用されたこと、もしくは何らかの原因により利用することができなかったことによって生じるいかなる損害についても、何ら責任を負うものではありません。

なお、予告なしに当ウェブサイトの運営を中断または中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

TOPへ戻る