脱ステロイド、脱保湿、脱プロトピック療法 を行っている佐藤健二先生のブログ
Header image

新しい東大皮膚科教授が考えるアトピーの原因

Posted by admin in その他

東京大学皮膚科教授 佐藤伸一先生の講演から
 (全てを記録できなかったのでその一部を紹介する。もし間違いがあればそれは私の責任である。)
 第109回日本皮膚科学会総会の2010.4.16イブニングセミナー4で「アトピー性皮膚炎の考え方—病態の一元的理解を目指して—」と題して講演された。内容は、アトピー性皮膚炎の病態は、1)バリア異常と2)免疫異常(Th1/Th2バランスの異常やIgE産生など)という2つの主要な異常によって生じているが、一義的な異常はどちらかという問いかけとその答えであった。
 バリア異常の原因としてアトピー性皮膚炎ではフィラグリン、ロリクリン、インボルクリンの発現異常がある。この異常は人種差がある。これらの蛋白質は、遺伝子異常のある場合は勿論低下しているが、遺伝子異常のない場合にもアトピー性皮膚炎患者では正常以下である。このバリア異常のために皮膚では外来性の抗原が免疫機構を反復刺激してIgE産生を増加させる。掻破を抑制するとIgE産生増加は低下する。IgE増加はアトピー性皮膚炎の原因ではなく結果である。掻破を抑制するとIgEが減ることもそれを示している。
 IgE高値とアトピーの病態とは相関しないこと多い。例えば臍帯血のIgEの値とADの発症は相関しない。健常人でもダニに対するIgEは30-40%に陽性である。IgEに依存しないアトピー性皮膚炎がある。IgE欠乏症でもアトピーは出る。動物実験でIgEのノックアウトマウスでも湿疹はできるので、IgEに関連付ける必要はない。しかし、アトピーの重症度とIgEの値は相関する。だから、IgEは皮膚炎の結果生じるのであって、アトピーの増悪因子であるとの考え方は疑わしい。抗IgE抗体投与(omalizumab?)でもあまり効果がないこともそれを支持している。
 フィラグリン欠損マウスで湿疹が起こるかを調べると、アトピー類似の湿疹が起こっている。フィラグリン欠損の魚鱗癬の約40%はアトピーの症状を示さない。ヒトでは別の因子が必要であるのか?
 免疫異常はバリア異常を起こすか、の問いには、そうであると言える。これはフィラグリン遺伝子の異常なしにも起こる。Th2サイトカインはロリクリンやインボルクリンの発現を低下させる。これにより、バリア異常を起こさせる。
 アトピー性皮膚炎は均一ではない。IgE関連アトピー、真のアトピー、外部刺激性アトピーがある。
 結論的に、バリア異常がアトピー性皮膚炎の一義的な異常である可能性を示している。Th2サイトカインは、フィラグリン、ロリクリン、インボルクリンの発現を抑制し、更にバリ異常を助長する。
 以上であるが、重要な点は、IgEをアトピー性皮膚炎の原因と考えないことをはっきりと主張されたことである。この講演の後で、この講演の座長を務めておられた東京女子医科大学皮膚科教授、川島 真先生は、「その考えで大人になればアトピーがなくなることはどう説明するのか」と質問された。これは、アトピーの原因がアレルギーであるとの説を唱える人でも困っている点である。この質問には佐藤伸一教授は明確な答えを言われなかった。講演会の後で私が道すがら「身体の成長に伴う皮膚の成長という考え方を考慮すれば説明できます」とお話しすると「言えるかもしれませんね」とのご返事であった。私の考え方に非常に近い考え方だと思いました

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

2 Responses

  • 大崎順子 says:

    SECRET: 1
    PASS: be83e113aeeec3717846a8131ae8370e
    昨年隅田先生の受診をきっかけに母娘で脱ステ脱保湿したものです。
    医薬品の添付文書を見て気になっています。ステロイドの内服薬は、
    一週間で70%くらい排泄されるのに、外用薬はロコイド以外10%いかない。ラットでおおざっぱな言い方ですが。
    先生のご著書は秀先生にお渡ししましたので、本に書かれているかもしれないことをお聞きいたします。
    25年以上塗ってきたような条件で、皮膚や他の臓器にステロイドそのものが残っていて、脱ステ後の悪化が長引く可能性があると考えられますか?残っているものを排泄するには、時間をかけて少しずつ便に出したり、皮膚からの排泄があると思われますか?



コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*