脱ステロイド、脱保湿、脱プロトピック療法 を行っている佐藤健二先生のブログ
Header image

 イギリス皮膚科雑誌の7月号に下記の論文が出たとm3.comメール(医療ニュース)に出ていました。参考になるのでお知らせいたします。
# 佐藤の補足説明
 「トビヒ」など皮膚の細菌感染症が起こっている場合には抗生物質は皮膚に対して有効ですが、細菌感染していないアトピー性皮膚炎の症状を抗生物質で改善できるかどうかを見ると、その場合は皮膚の症状は改善しないということです。アトピー性皮膚炎の患者の皮膚の表面に黄色ブドウ球菌がよくついていますが、この黄色ブドウ球菌を減らす治療をしても意味はない、アトピーは改善しないということを意味します。だから、アトピー治療として、イソジンで消毒、超酸性水で皮膚のばい菌を減らすなどの治療は無意味だということです。
 この論文の中にある(以下にあった数行は、深谷元継先生のご指摘により以下の数行のように改訂させていただきました)「平均への回帰」について知らなかったので、日本語のウィキペディアを見てみました。「平均への回帰」は、一回目の実験で大きな違いが出たケースだけを取り出して二回目の実験を行っても以降は一回目ほどの差が出ない傾向がある、というような意味のように思いました。背の高い父親たちの子供たちの身長は平均値に近くなるということが平均への回帰の説明に出ています。
# 論文の要約
アトピー性皮膚炎に対する抗黄色ブドウ球菌剤投与の有用性の検討
Bath-Hextall FJ, Birnie AJ, Ravenscroft JC, Williams HC.
British Journal of Dermatology. 2010 Jul;163(1):12-26
黄色ブドウ球菌とアトピー性皮膚炎における湿疹病変との関連は長年にわたり認識されてきた。明らかに感染を合併した皮膚炎を有する患者に対して抗生物質を利用することの利点は広く認められているが、黄色ブドウ球菌が非感染性湿疹病変に対してどのような影響を及ぼすかについては明確ではない。
 イギリスの研究グループは、抗黄色ブドウ球菌薬がアトピー性皮膚炎の治療に効果的であるかどうかを検討するために、無作為対照化試験(RCTs)の系統的レビューを行った。具体的には、Cochrane Skin Group’s Specialised
Register、the Cochrane Central Register of Controlled Trials、MEDLINE (2000年〜),
EMBASE (1980年〜)、 the metaRegister of Current Controlled Trials (〜2009年3月)を参照し、加えてレファレンス及び会議録も検索して参照した。また、一切他の治療を行っていないアトピー性皮膚炎患者に対して黄色ぶどう球菌を減少させる介入を行い、症状を比較したRCTも検討に加えられた。文献は出版状況及び使用言語に関わらず、調査対象に含めた。
 26件の文献を対象として、1229名の患者に関する情報を得た。文献検索の対象となった調査の大部分は短期的で、質が低かった。ある一つの報告では、感染を合併しているアトピー性皮膚炎に対して内服抗生物質を使用した場合とプラセボを投与した場合とを比較しているが、全体的な皮膚症状の改善結果に有意差はみられなかった(相対リスク(RR)0.40、95%信頼区間(CI)0.13-1.24)。また抗生物質含有ステロイド外用薬とステロイド外用薬単剤の使用が比較された2つの報告でも、同様に治療効果に有意差はみられなかった(RR 0.52、 95% CI 0.23-1.16)。
 感染を合併した皮膚炎症状を有する小児アトピー性皮膚炎患者を対象とした研究では、浴槽の湯に漂白剤を入れて入浴した小児患者は、単なるお湯で入浴した小児患者よりも、アトピー性皮膚炎の症状が著しく改善したと報告している。ただし、この違いは平均値への回帰として説明できる可能性がある。結果をまとめると、抗黄色ぶどう球菌薬による介入治療は非感染性アトピー性皮膚炎患者の皮膚に存在する黄色ブドウ球菌数を減少させはしたが、皮膚炎症状そのものを改善させるという臨床的有用性は示されなかった。
 今回の検討では、非感染性の湿疹病変に対して一般的に行われている抗ブドウ球菌薬投与の有効性を示す証拠はみられなかった。以上の結果より、今後長期間にわたるより質の高い研究がその有効性を証明するまでは、確固とした根拠のない抗ブドウ球菌薬投与は行うべきではないと結論している。

 褥瘡(床ずれ)などで行われている湿潤療法と脱ステロイド脱保湿療法での脱保湿との関係については明瞭な区別をしておく必要があります。床ずれなどの潰瘍の治療としての湿潤療法は非常に有効な治療です。この場合はなぜ有効かということですが、それを理解するためには皮膚の構造を知っておく必要があります。皮膚は表面から、表皮と真皮と皮下組織(脂肪組織のこと。この下に筋肉や腱や骨があります)に分けられます。
 潰瘍と言うのは少なくとも表皮がなくなって真皮が露出した皮膚の欠損です。真皮より深い部分がすべてなくなっても潰瘍です。表皮を超えて真皮までの欠損がある時、皮膚が治っていくためには、まず肉芽(血管が豊富な赤い組織)ができなければなりません。この肉芽ができた後に表皮が作られます。この過程で湿潤環境が有効に働きます。だから、表皮がない状態から表皮ができるまでの皮膚の修復に湿潤環境が非常に有効であるということです。また、ここで強調しておく必要があることは、このできてくる皮膚(真皮や表皮)は正常の皮膚であって、ステロイドを長期に外用された皮膚ではないということです。なお、表皮形成が完成した後も表皮を湿潤状態に置いていると、そこから先、頑丈な皮膚にはなかなか変化していかないということです。
 一方、脱ステロイドや脱保湿が問題となっている皮膚の状態は、まず第一に表皮が存在する状態での話であることが潰瘍治療との大きな違いです。そして、この皮膚はステロイドやプロトピック、そしてそれらを長期にわたって外用されたことによって起こっているステロイド依存症、プロトピック依存症、保湿依存症を患っている皮膚(表皮や真皮)です。褥瘡の皮膚はこのような病的状態にはありません。だから、治療の対象の皮膚は大変違った状態であることを知っておく必要があるということです。
 脱保湿の途中では、痛みやチリチリ感がほぼ必発で大変困ります。そのことが嫌でそれを改善するために、褥瘡に対して有効である湿潤環境に脱保湿中の皮膚を置くことは、実際何をしているかと言うと、保湿依存状態に戻していることになります。保湿依存状態にすれば間違いなく痛みやチリチリ感はなくなるでしょうが保湿依存状態を更に深めるだけにしかなりません。
 誤解を避けるために一つだけ注意をしておく必要があるのは、アトピー性皮膚炎患者で表皮が削られている場合には痛みがあります。この時にはガーゼ保護をしていただきます。これは、褥瘡治療と同じで、欠損している表皮の埋め合わせを早くするために表皮を湿潤下において増殖を速めさせているのです。しかし、褥瘡の時と同じで、表皮が形成されればそこから先は乾燥に持っていかなければ強い表皮はできません。
 ある一つの治療が有効だからと言って、その治療の有効である条件をしっかり理解しておかないと大変間違った治療になることを肝に据えておく必要があるでしょう。