脱ステロイド、脱保湿、脱プロトピック療法 を行っている佐藤健二先生のブログ
Header image

第14回静岡講演会報告

Posted by admin in 講演会

 昨日の静岡講演会の簡単なご報告をさせていただきます。
 約50名ほどの参加者がありました。100人を超える席はありましたので、ゆったり座っていただけました。しかし、それでも空いているなという感じは受けませんでした。聴衆の笑いも少しあり、和やかな雰囲気での講演会でした。アンケート結果をちらりと見てみますと、これまで以上に良い評価が出ており嬉しいです。少数ですが参加者の中には関東の方もまた大阪からの方もおられました。
 静岡講演会をお世話してくださった静岡県在住の方は、皆さん講演会場から遠くにお住まいでしたのに、色々とお世話いただき、講演会が成功する大きな要因になりました。今回、大阪のメンバーはそれぞれが忙しくあまりお手伝いできませんでしたが、アトピック関東のOさんが全面的に援助してくださり大変助かりました。また、会場へは関東在住の方が応援に駆けつけてくださり当日の運営が非常にスムーズに運べました。フリーコムの方と静岡アトピッ子の会の方も参加してくださいました。
 講演会の司会をしてくださったMKさん、ご苦労様でした。大変わかり易かったです。大変緊張されたこととお察しいたします。でも、こりずに今後もよろしくお願いいたします。
 講演は佐藤健二、佐藤美津子、MS先生が行いました。私たち夫婦はいつもと余り変わった話はありませんでしたが、健二はガイドライン作成責任者の古江先生の論文と著書の批判が増えましたし、美津子はスライドが一変しわかりやすい内容になりました。MS先生の話は全く新しいものでした。題して「ステロイド外用剤によるアトピー性皮膚炎の経過、その色々」です。
 患者体験談は、関東から駆けつけてくださったAさんと、静岡在住のNさんと、愛知から来てくださったMMさんにしていただきました。それぞれ、要点をまとめていただき分かり易かったこと、話す内容を何度も吟味して中身も素晴らしくまた分かり易かったこと、普段からプレゼンテーションに慣れておられる本職の話とPPTの上手な使い方が印象的でした。いずれも聴衆には大きな感動を与えたと思います。いつも使わせていただいている子どもの脱ステのEさんのDVD、そして、Mさんの娘さんの話と奥さんの座った姿でした。前者は感動と、後者は笑いを呼んでいました。
 29日の懇親会には14名が参加し、東京からわざわざF先生が参加されました。いつも通りワイワイガヤガヤで、楽しかったです。しらす、赤エビ、おでんがおいしかったですね。ワサビざるそばもおいしかったです。翌日は登呂遺跡を見学し、巨大なガンダムを見、そのあとB級グルメで好成績を収めた焼きそばを富士山のふもとまで食べに行きました。Sさんご夫妻の車で連れて行っていただきました。雪を被った富士山のふもとでおいしい空気を吸いながら食べる焼きそばはほんとにおいしかったです。大盛りを食べました。帰りの新幹線は寝てばかりでした。
 さあ、明日からまた仕事。お酒を飲んで観光をして、鋭気を養ったのだからまた頑張ります。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*