脱ステロイド、脱保湿、脱プロトピック療法 を行っている佐藤健二先生のブログ
Header image

阪南中央病院への入院患者数

Posted by 佐藤 健二 in 阪南中央病院

2008年4月1日から2011年10月31日までに、阪南中央病院へ成人型アトピー性皮膚炎で脱ステロイド・脱保湿療法のために入院された2歳を超えた患者さんの数は392名(再入院を含む)です。この内、2012年12月31日までに再入院の経験のある方は、3回入院の人は4人、2回入院の人は29人ですので、再入院経験者は33人となります。従って、再入院の数を引くと392-(2x4+1x29)=355となり、入院された別々の個人は355人です。再入院する人の率は33/355=0.093となり、再入院する人は10人に一人弱程度ということになります。
 2歳以下の患者数については後日報告いたします。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*