脱ステロイド、脱保湿、脱プロトピック療法 を行っている佐藤健二先生のブログ
Header image

第29回アトピック大分講演会報告

 講演会前は色々と事件が起こりました。まず、大分駅を出たとき、暗い工事中の出口ではなく明るい方へでて、コンパルホールどこですかと尋ねると、そこを出て直ぐ左です、といわれ従いました。何のことはない間違ったホールを教えてくれました。実際は暗いほうの出口を出て行かなければなりませんでした。重たいキャリーバッグを引きずりながら高校生に道を尋ねると、同じ方向へ行くから一緒についていってあげると、自転車に乗っていながら私の歩く速度にあわせて進んでくれました。そこの丸い壁の建物ですと、教えてくれました。大分の人は優しい。感激です。
 講演会場に入ると本日の世話をしてくださる方が全員集まっていて、準備を始めていました。私はコンピューターの係りで、プロジェクターにつないで映像が映るかどうかを調べ始めました。ぜんぜん映りません。コンピューターを替えても映りません。ただ、時々映りますが直ぐに消えます。時間はどんどん進み、開演時間に近づきます。参加者に入場していただきました。参加者の前で、心は「どうしよう」と焦っていましたが、顔には出せずです。結局、プロジェクターにつなぐコネクターの接触が悪いことが分かり、コネクターを替えると映るようになりました。ちょうど開演時間になったときです。 やれやれ。
 講演会は順調に始まりました。参加者は開場とともに席をほぼ埋めるまでにたくさん来てくださり、追加で20脚ほどいすを追加しました。始まりの挨拶に続きアトピックの説明がありました。講演内容は、佐藤健二が「治らないアトピーになぜ脱ステロイド・脱保湿?」を、佐藤美津子が「赤ちゃんのアトピーは自然に治ります」を、水口聡子先生が「ステロイド外用剤によるアトピー性皮膚炎の経過と問題点、成人型アトピーという病名がもたらす、言葉の混乱と整理」を述べました。それぞれゆっくりと話しましたので、よく理解していただけたと思います。
 休憩時には、初めての試みとして、トランペットの演奏をしていただきました。非常に上手でした。良くあれだけ息が続くなと感心しました。
 患者体験談は、まず、大分講演会を計画されすべての準備をした下さったFさんの子どもさんの話です。症状がひどかったときの写真が写されている間は殆ど言葉がなく、会場内がシーンとしていましたが、初節句のときに良くなった写真が出ると、ほっと安堵の声がでました。Eさんの話は多くの患者さんの写真がでました。そして、成人患者さんの子どもさんへの思いをバックグランドミュージックのようにしっとり話されました。成人患者さんの体験談では、Oさんが自分の2回の入院経験で得た対処方法を述べてくださいました。Oさんを見てもアトピー患者さんとはまったく分かりません。最近は少し化粧もしているとのことでした。Iさんの体験談は、かなり詳しい対処方法が紹介されていました。
 質疑応答は二つだけにしました。九州には脱ステ医がいないことが残念な内容として浮かび上がりました。
 今回初めての試みとして、子どもと大人を別にして個別相談をしました。十数人の方が参加されました。あまり時間が無かったため十分な話し合いができなかったのが残念です。
 今回の講演会は地元の方だけ殆ど準備され、時間もあまりなかったにもかかわらず講演会のことを新聞にまで掲載していただけるなど、大成功でした。参加者も非常に多かったです。
 講演会の後、おいしい昭和時代を思わせるたたずまいの居酒屋でおいしい料理をいただきました。感激です。二次会で私は好きなソース焼きそばを二皿平らげました。おいしかったです。O様、最後までお付き合いくださりありがとうございました。
 大分の講演会のお世話をしていただいた方全員にお礼を申し上げます。
2014.11.3 佐藤健二