脱ステロイド、脱保湿、脱プロトピック療法 を行っている佐藤健二先生のブログ
Header image

 すばらしい快晴の日(3/20)に、美しい瀬戸の海の見えるすばらしい会場でアトピックの香川講演会を開くことができました。事前の準備は現地近くの、アトピっ子をお持ちのお母さん方が中心になって行なってくださいました。まったくスムーズな講演会でした。お世話いただいた皆様、本当にありがとうございます。広島から駆けつけてくださった方もいます。

 ご参加いただいた人々は、広い会場にゆったりお座りいただけました。高松市の人口構成からすると多くの方にご来場いただきました。お子さんずれの参加者が少なかったのはすばらしい日和の続く連休の真ん中に開催したことが大きな要因と少し残念に思いました。

 講演の内容は、佐藤美津子と佐藤健二はいつもの通りで、前者は「赤ちゃんのアトピーは自然に治ります」、後者は「入院する赤ちゃんの問題点」と「治らないアトピーになぜ脱ステロイド・脱保湿?」です。藤澤先生は、いつも通り「子どもの湿疹こそステロイドを使うな」と新しく「歴史と先住民族から学ぶアトピー脱却法」を話してくださいました。藤澤先生のお話はいつも新しく楽しいものです。

 体験談は子どもの部でお一人、成人の部でお一人にお願いいたしました。やはり、体験談は参加された方の心を揺さぶるものがあるようです。また、お話はわかりやすいものでした。

 質疑応答は少し少なかったです。質疑応答用の時間も少なかったですが。

 関東から皮膚科医がお一人参加されました。周りにどんどん広げていただければと思います。

 懇親会は楽しく行なわれました。お子様ずれのお母さんが多かったので二次会はありませんでした。

 香川の講演会も大成功でした。

 2016.3.21 佐藤健二

皆様

現在、阪南中央病院へ脱ステロイド入院をしようと思うと、男性は入院待ち無に入院できます。女性もあまり待つことはありません。