脱ステロイド、脱保湿、脱プロトピック療法 を行っている佐藤健二先生のブログ
Header image

阪南中央病院、男性、脱ステ入院では、入院待ちなし

Posted by 佐藤 健二 in 阪南中央病院

皆様

現在、阪南中央病院へ脱ステロイド入院をしようと思うと、男性は入院待ち無に入院できます。女性もあまり待つことはありません。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

13 Responses

  • 安達 says:

    佐藤先生こんにちは。突然のメールにて失礼いたします。海外で1人で脱ステして6年目になります。先生の書かれた本を持っていますが今回とても不安な症状で苦しいのでこういった形で連絡させていただきますが、ご了承下さい。先生のお力を貸してください。

    まず、顔、首、デコルテの症状から説明し、質問に入りたいと思います。

    (顔)

    何回3度目のリバウンドです。何も特にしてなかったのに1ヶ月半前から急に顔が真っ赤になりパンパンに腫れました。

    そこから小判のような大きめの鱗が顔についてもう終わったのかと思いきや、今度は容赦なく毎回サランラップのように顔がパンパンに腫れ、死んだ皮膚が顔を一面覆って引きつり、皮膚呼吸もできないので、油をつけて指で顔をマッサージするようにして亀裂をわざとを作ります。そうすると皮膚呼吸が出来るので少し楽になり、それが鱗になるというか自分の手でぽろぽろ掻いてるとなんとなく取れます。自分の力で鱗にならず、兎に角毎日新たな皮膚がピンと下に張って進展なし。亀裂が増えてきたくらいで、1ヶ月この調子で不安が倍増していくだけです。

    前回は鱗が剥けたら少しずつ鱗が小さくなって下にサランラップのような肌は待ち受けていませんでした。今回は何回肌がむけても全くおんなじ症状から進展しないので、恐ろしく不安で先生、これは普通ですか。こんなに何度も顔がパンパンになりまぶたも一重になるような感じで顔中の皮が耳の後ろからむけます。この症状はとても不安です。

    目の下が少しじゅくじゅくしていますが、外はこめかみのところを引っ掻くと湿っぽい感じで後は乾燥しています。

    口の横と両顎には亀裂が何本も入って血がでています。乾燥させると口が全く開けず更に傷が大きくなるので、口の周りはやむ負えず保湿するしかないです。

    (質問)
    1、このような進展のない皮がはって1ヶ月続く症状は見たことありますか?いつ止むのでしょうか。一生続くのか怖いです。もはや肌の問題を超えた深刻な免疫の過剰反応でどこかに入院すべきですか?私としては、瘡蓋になって剥げたら治癒すると信じていますが、日々皮膚がつぱってめげています。

    (首の症状)

    首は皮がむけたあとゆで卵のようにツルツルになります。これを繰り返しています。じわーと濡れた感じになります。毎日ツルツルになるまでかいています。

    (デコルテの症状)

    今回は初めてデコルテも胸の上から背中まで真っ赤です。そこはボロボロ皮がむけて場所によっては粉が吹きます。火傷下人のように真っ赤です。

    (質問2)

    これらの症状はどれくらい続くと考えればいいでしょうか。治る希望はあるのでしょうか。特に顔が毎回サランラップのように引きつって、ひび割れを繰り返して全く止まりません。毎日同じことを繰り返しています。これは正常な治癒過程でしょうか。

    基本脱保湿です、苦しさのあまり、首や外出時など保湿しています。

    どうぞ先生のご意見をください。それによって今の私の状態が把握できるのでずいぶん助かります。どうぞ心からよろしくお願いいたします。

    メールを頂けたら即お写真送りたいです。
    Sent from my iPhone

    • 佐藤 健二 says:

      要点だけをのべます。
      1.「1ヶ月半前から急に顔が真っ赤になりパンパンに腫れ」た理由は不明です。
      2.あなたが顔になさっていることは典型的な保湿です。<新版>患者に学んだ成人型アトピー治療、難治化アトピー性皮膚炎の脱ステロイド・脱保湿療法(つげ書房新社、2015年)の第4章、脱保湿、3.いろいろな保湿方法、6)皮膚を直接湿らす方法 に従って保湿をされてます。
      3.今行なっていることを止めて、皮膚が乾燥することを待つ必要があります。そのさい、亀裂が生じて強い痛みが出現しますが、これは耐えるしかないです。2週間前後かかると思います。痛み止めを飲むと少しはましになるといわれる人もいます。
      お大事に。

  • いの says:

    こんばんは、初めまして。
    私の息子が生後一ヶ月から現在3歳までずっとロコイドとリンデロン、ヒルドイドを使ってますが全然変わりないです。
    佐藤先生のところが脱ステしてると聞いて調べてみましたが大阪というのもあり、九州なのでなかなか行けません。
    福岡、佐賀でどこかいいところはありませんか?
    是非教えてほしいです。
    よろしくお願いします。

  • 安達 says:

    先生からのお返事もの凄く嬉しいです。死にたいくらい辛かったので孤独感から救われました。お忙しいなかったらありがとうございます。頑張りたいです。

  • 安達 says:

    先生コメント消さないでいてくれてありがとうございます 。先生皮膚はかいてもいいでしょうか。

  • 安達 says:

    あと鱗が自分から剥げ落ちないのですが、皮膚のターンオーバーを早めるためにパックや美容液など皮膚がはがれるのを助けたほうがいいですか。指でポリポリかいた時だけ皮膚が落ちます。先生ありがとう。

  • 安達 says:

    佐藤先生、コメントを消さずにお答えしてくださり、今乳飲み子を抱えながら、死にそうなほど辛いので、お返事嬉しかったです。メッセージだしたのですが、失敗して消えています。。。

    ご多忙の中ありがとうございます。数週間前に、肌を乾燥させるために、クレーパックをしたところ、肌がばりばりに乾燥して、黄色い見事な鱗ができて、亀裂から血もでてきて、それが剥げたら、もう、次のステップで、あとは、治るだけと思っていたのですが、全然違っていて、その後も肌はつっぱり、あの時ほどの鱗にならずに、前進していません。

    無理に、クレーパックなどで乾燥させても、実際その下の肌が再生していないので、これでは、いけないのですね。先生のおっしゃるとおり、気長に2週間乾燥させます。汁が出てるところは、衛生面を保つ為に、

    1.石鹸でぱぱっと洗ってもいいですよね。

    2、瘡蓋になって、とれたら、、また、その繰り返しですか?

    他の方の写真をみると、瘡蓋が薄いのに、私のは、ごわんごわんでパン粉のように、分厚いです。

    3、どういうのが、次のステップに入る兆しでしょうか。この繰り返しだと、先が無く、めげでしまいます。一生治らないのではないかという不安。。。

    不安と悲しみと、ほんとうに大変ですが、先生と繋がっている安心感で、乗り越えたいです。ご迷惑おかけしていますが、一人の命が助けられています。感謝しています。簡潔なお返事ください。よろしくお願いします。

    • 佐藤 健二 says:

      用件のみにて失礼します。
      1.石鹸は、現状では当分使用しない方がいいです。
      2.繰り返します。写真を撮って変化を調べてください。そして本を読んで経過を確かめてください。あと2週間はしんどいでしょうね。がんばってください。
      3.お書きになっておられる情報ではあまりわかりません。一般的には、乾燥すれば良くなっているのですが、そのときには亀裂が起こり、痛みが増します。自覚症状は皮膚が良くなるときにはしばしば悪化します。我慢ですね。

  • 安達 says:

    先生ありがとうございます。お陰様でくじけずに頑張ってます。



コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*