脱ステロイド、脱保湿、脱プロトピック療法 を行っている佐藤健二先生のブログ
Header image

<FTU(finger tip unit)について>
ステロイド外用剤塗布の基準としてFTU法が勧められている。大人の人差し指の末節の長さにチューブから出した軟膏(0.5g)を両手の平程度の面積に塗るというものです。両手の平は体表面積全体の50分の1にあたるので、全身に1回塗るとすると50×0.5g=25g必要になる。この量が多いかどうかを九州大学皮膚科古江先生の論文(Br J Dermatol.2003)に記載されている量と比較してみた。論文では、研究した6ヶ月にどれだけの量が外用されているかが推定できるようになっている。その中で最も多く外用していた人は、おそらく紅皮症状態で、全身に外用していたと考えられるが6ヶ月で500gと推定できた。
FUT法に従って全身に6ヶ月間(180日)1日1回外用するとその量は、25g×180日=4750gである。4750g/500g=9.5、すなわちこれまでより概ね10倍の量を外用せよというのがFTU法が言っていることである。重症の最低面積は体表の30%であるので、この場合でも約3倍量を塗ることになる。
古江先生が上記論文を投稿したとき、査読者から外用量が少ないから治療成績が悪いのだと言われていたそうである。論文の中では、ステロイドで良くならない症例もあると言っておきながら、翌年にはFTU法を勧める本を書いている。不定見極まりない。
喜んでいるのは誰か、勿論製薬企業である。10倍の販売量が得られるのだから。医師にも少し利益はおちてくるが。この頃から受診時に袋一杯にステロイド軟膏をもらってくる患者が増えている。皮膚科学会はどうなっているのか。

180923東京新皆様

アトピックの10周年記念講演会が東京で開かれます。参加して良かったと思っていただける後援会にしようとスタッフ一同がんばっております。是非ご参加ください。

日時:2018年9月23日(日)
第一部 乳幼児患者の部  10:00-12:30
第二部 青年成人患者の部 13:30-16:30
場所:大田区産業プラザPiO コンベンションホール
〒144-0035 東京都大田区南蒲田1丁目20-20
参加:無料
申込: atopic.info@@gmail.com 件名を「講演会申込」とし
1.氏名 2.ふりがな 3.参加人数(12歳未満の方は年齢も)
4.当日ご連絡可能な電話番号 5.参加希望の部(第一部、第二部、両部)
あるいは電話で 072-281-0215(佐藤小児科)

講演会終了後、祝賀会
◆日時:2018年9月23日(日) 18:00〜20:00
◆場所:PIZZA&TAPAS cibo 個室パーティースペース
(品川駅高輪口より徒歩5分)

https://www.landmark-tokyo.com/shinagawa-dining-terrace/cibo.html

◆会費:5,000円(一律)
◆定員:70名
◆キャンセル期限:9月16日
◆申込方法: atopic10th@gmail.com へ
タイトル「祝賀会申込み」とし、
本文に
1、参加者名:
2、ふりがな:
3、当日連絡のつく連絡先(メールor電話):
4、アレルギー品目(あれば):
5、イベントをどこで知りましたか?(atopicよりメール、〇〇さんより紹介、等):
※アレルギー対応食ではありません。出来る範囲でご相談します。
をご記入のうえお送りください

スタッフからの返信をもって受付完了といたします。受信設定のご確認をお願いします。