脱ステロイド、脱保湿、脱プロトピック療法 を行っている佐藤健二先生のブログ
Header image

46アトピック講演会(栃木)

Posted by 佐藤 健二 in 講演会

皆様

アトピック栃木講演会報告

7月14日、小山(栃木県)は朝から雨が降っていました。開場20分前で一家族しか参加がありませんでした。その後講演の準備をしていて会場の変化に気づきませんでした。ところが、講演開始の時に会場を見ると80人ほどに増え、その後もさらに増え、結局子どもも数えると120名ほどの参加になったようです。小山氏はあまり大きな都市ではありません。それにも拘わらず多数のご参加をいただけたのは、O氏ご家族の大変な広報活動のご努力のたまものだと思われます。心から感謝申しあげます。
会場運営には、会長の菊池氏、大阪からH氏、関東からM氏、T氏が駆けつけてくださいました。進行はいつもながら遠藤さんが上手に進めてくださいました。
講演内容は
佐藤健二が、「皮膚、第2のステロイド産生臓器の保護と脱ステ・脱保湿」
佐藤美津子が、「赤ちゃん・子どものアトピーを治すコツ 自然治癒を妨げない」
藤澤重樹先生が、「自然治癒力を活かしたアトピー治療戦略」
水口聡子先生が、「乳児湿疹の治癒の仕方、条件による相違」と「脱ステロイド・脱保湿中
の具体的な経過」
です。皮膚でのステロイド産生能を落とさずに、自然治癒力を最大限利用する治療法と纏めることができる。
遠藤さんがまとめた乳幼児の体験談は視覚聴覚にも訴えた感動的なものであった。O氏の成人体験談も非常に分かり易く教訓的でした。
会場での質疑応答は、前回と同じく質問内容をコンピューター入力し、それを映し出して回答したため、聴衆は大変わかり易かったと思います。入力は大変な早さを要求される仕事ですが裏方さんは旨くやってくださいました。

講演会の後、懇親会を行いましたが大変盛り上がりました。

当日、O氏ご家族には送迎まで担当していただきました。記して厚くお礼申し上げます。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*