脱ステロイド、脱保湿、脱プロトピック療法 を行っている佐藤健二先生のブログ
Header image

第91回 阪南中央病院 健康教室 2011.4.23
「アトピー性皮膚炎の治療について」のご報告

豪雨の中、定員80名の所78名の参加がありました。最も遠くからは静岡県から来られました。既に報道されていますが、どういうわけかお茶のサービスがありました。私は多少脱水だったので2本飲ませていただきました。スライド原稿のコピーも色刷りで、筆記用具のボールペンも配られました。サービス満点でした。病院職員である私が言うのも変ですが、お世話下さった健康教室の皆さんにお礼申し上げます。

話の内容は、まず、ガイドラインの簡単な説明とガイドライン作成者の論文(Brit J Dermatol 2003; 148: 128-133, Furue et al)の説明をしました。後者については、6か月のステロイド治療で、1200人強の人々の重症度がどのように変わったかについてです。誰一人として治癒したものは無しです。62%の人は同じ重症度か悪化で、改善したのは38%です。

次に、ステロイド治療で治りにくい理由の説明をしました。治りにくいアトピー性皮膚炎は、本来のアトピー性皮膚炎とステロイド依存性皮膚症(=外用ステロイドの最も重大な副作用)の合併した状態で、ステロイドの依存性にステロイドを外用して抑えようとするため依存性を深めていき、いつまでたっても治らないと説明しました。この状態からの離脱には脱ステロイドと、ステロイド依存性に併発する保湿依存症を治すための脱保湿が必要です。ステロイドを使わずに治療すれば、アトピー性皮膚炎は怖い病気でないことが分かっていただけます。なお、脱ステロイドや脱保湿は、サプリメントを少し飲むという様にちょっと何かをしたら苦も無く良くなるという治療ではなく、大変厳しい治療であることを知っておく必要があることを強調しました。
また、アトピー性皮膚炎の治療で問題となっているアレルギー説についても、根拠を示してアトピー性皮膚炎がアレルギーで起こっているのではないことを説明しました。また、佐藤小児科のデータを示して、ステロイドを使用しなくても幼児の顔面の湿疹は治ることと、ステロイドを使った人より使わなかった人の方が早く治ることを示しました。外用ステロイドは意外な所に作用していることや、免疫抑制剤であるプロトピック(外用)とネオーラル(内服)はけっして使わないよう勧めること等を話しました。

質問も時間いっぱいありました。低蛋白血症・低ナトリウム血症などを示す乳児の治療、水分制限の方法、引きこもりから逃れる方法、炎症後の色素沈着、などです。

この講演会で感じたことは、標準治療は皮膚科医や小児科医が述べるように患者を治癒に持って行くことの難しい治療法であるということを患者自らが勉強して知る必要があるのではないか、ということです。この講演に使用した古江氏の論文の重症度の変化については、それを整理してインフォームドコンセントに載せ、それを基に自分たちの希望する治療をしていただくようにするのがいいのではないかと思います。

アトピーとは直接関係ないですが、震災関連の阪南中央病院の広報です。拡めていただければ幸いです。

ーーーーー

被災地でお困りの妊婦さん、出産を当院で!

2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災されました地域の皆様、関係の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

地域周産期母子医療センターを有する当院では、今回の震災でお困りの妊婦の方々に、大阪府や松原市、松原市医師会等の協力を得ながら、安心して出産して頂けるような受け入れ体制を整え、お迎えしたいと考えております。

ご相談に乗りながら病院職員が一丸となって、お手伝いをさせていただきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーー

詳しくは以下をご覧ください。

http://www.hannan-chuo-hsp.or.jp/news/news-ukeire.html

 

アトピー性皮膚炎で初めて阪南中央病院皮膚科を受診される患者様へのお願い
 阪南中央病院皮膚科の朝の外来終了時間が、遅い場合には午後4時を超えることもあります。このため、診察待ち時間が非常に長くなっております。診療の質を下げずに診察待ち時間を短くするために、阪南中央病院皮膚科を初めて受診されるアトピー性皮膚炎患者様に以下のご協力をお願いいたします。
 お願いの内容:アトピー性皮膚炎の経過をB5判(18x26cm)の紙1枚程度にまとめて書いてきてください。経過の中に含んでいただきたい内容は、① 時期(3−6歳など)、② 皮疹の場所(顔、首、肩、肘の内側、膝の裏側など)、③ 治療内容(ステロイド、プロトピック、保湿剤などの種類と一日の外用回数など)です。④ その他特に述べたいこと、です。よろしくお願いいたします。

mixi に「私が火曜と木曜しか阪南中央病院に勤務していない」ような記述が出ていましてが、決してそんなことはありません。入院している人、入院していた人に聞いてください。月曜日から金曜日まで毎日勤務しております。
 外来勤務は火曜日と木曜日だけですが。
最近、入院患者さんは20人前後です。20人として、診察とカルテ記述に一日にどれだけの時間がかかるか計算してみましょう。
診察一人5分 x 20人=100分
カルテ記述一人5分 x 20人=100分
これだけで200分、3時間以上です。
入院患者さんが一人おられれば問診に30-60分、この問診をコンピューターに入力するのに30分超。
退院の時には退院時要約をコンピューター入力、これも一人分で30-60分。入院の保険の書類書きや、診断書書き。
患者さんの平均入院期間が45日ですので、2.5日に一人の入院と退院の手続きがいります。
毎週月曜と水曜の午後に患者さんのことについて看護師さんたちとのカンファランスが3-4つの病棟でそれぞれ30-60分が週に3-4回です。このほかに、患者さんやご家族の方との臨時の面談、一回10分から60分までいろいろです。
金曜日には午前に時々手術が1-2件、一件で1-1.5時間
そのほかに一か月に3回、夕刻に会議があります。1時間が一つ、1.5時間が二つです。
おまけに、最近の朝の外来は午後3時頃に終わります。これが一週間に2回です。
これは全く最小限の話です。是に加えて、新しい医学知識の習得や患者さんのことでの調べ物、後援会の準備、患者さんのスライド整理などがいくつもあります。
こういう状態で失敗は許されないのです。
病院勤務医師の忙しさが分かっていただけますでしょうか。
なぜ、外来が一週間に2回しかできないかがご理解いただけると思います。