脱ステロイド、脱保湿、脱プロトピック療法 を行っている佐藤健二先生のブログ
Header image

現在、阪南中央病院皮膚科に入院中の患者数はアトピー23名、それ以外1名。アトピーの男は12名、同女は11名です。皮膚科基準病床18床。

11/9 入院患者数報告

Posted by 佐藤 健二 in 入院患者数 - (コメントは受け付けていません。)

2011年11月9日、現在阪南中央病院に入院中の皮膚科患者は14名。アトピー患者は14人(男4、女10;内、小学生3名、中学生1名)です。許可病床(20)。余裕があります。

1.アトピー性皮膚炎で初めて阪南中央病院皮膚科を受診される患者様へのお願い

 阪南中央病院皮膚科の朝の外来終了時間が、遅い場合には午後4時を超えることもあります。このため、診察待ち時間が非常に長くなっております。診療の質を下げずに診察待ち時間を短くするために、阪南中央病院皮膚科を初めて受診されるアトピー性皮膚炎患者様に以下のご協力をお願いいたします。
 お願いの内容:アトピー性皮膚炎の経過をA4判(210 x 297 mm)の紙1枚程度にまとめて書いてきてください。経過の中に含んでいただきたい内容は、時間経過に従って① 時期(3-6歳など)、② 皮疹の場所(顔、首、肩、肘の内側、膝の裏側など)、③ 治療内容(ステロイド、プロトピック、保湿剤などの種類と一日の外用回数など)です。④ その他特に述べたいこと、です。よろしくお願いいたします。

2.高額療養費現物給付制度について

 高額療養費現物給付制度を利用すると、入院費の窓口支払い額が軽減されます。入院前にこの申請手続きを済ませ、認定証を持参いただくと、病院窓口でのお支払は高額療養費の限度額までとなります。以下をご覧ください。

http://www.hannan-chuo-hsp.or.jp/kanja/kougaku_iryohi/index.html

3.阪南中央病院の駐車場料金体系が変わりました。

 タイムズコミュニケーションズが管理します。少し高くなります(社会医療法人は医療以外での収入を上げないようにする行政からの指導があります)。外来での待ち時間がなかなか短くならないので申し訳ないと思っております。できましたらお車での受診を控えていただくようお願いいたします。

4.参考図書について

「患者に学んだ成人型アトピー治療、脱ステロイド・脱保湿療法」つげ書房新社、佐藤健二著と「ステロイドにNo!を 赤ちゃん・子どものアトピー治療」子どもの未来社、佐藤健二・佐藤美津子著は阪南中央病院の外来で手に入ります。近くの本屋に注文してもインターネットでも手に入ります。